レトロ物件萌えポイント

レトロ物件萌えポイント

ねこ

猫

街中でごろんと寝転ぶねこ。
不思議なもので、新築マンションの玄関でねこはあまり見ない。
ねこをよく見るのは、古い住宅地の塀の上や軒先。
彼らとレトロ物件はよく似合う。
むしろセットと言ってもいいだろう。
ねこにとってもレトロ物件は背景として必要な存在であり、レトロ物件にとってもねこはより物件を情緒的に見せるパートナーとして必要な存在なのだ。

ねこは自分に危険が及ぶ場所では生活をしない。
つまり、ねこが居る場所は静かで安全な場所とも言える。
もしあなたが欲しい物件に「主」らしきねこがいたなら、その物件はまずはねこさんのお墨付きということになる。

ねこには半径500m~1Kmのテリトリーがある。
そのねこが安心して生活しているのであれば、少なくともテリトリー内で一番安全ということだ。
あくまでもねこ主観で。

猫

しかしねこによる糞害や発情期の泣き声、ゴミ荒らしなど、リスクも伴う。
ねこと上手に共存できるか否かがレトロ物件攻略の秘訣とも言えなくもない。