レトロ物件萌えポイント

レトロ物件萌えポイント

ゆか

床

レトロ物件で多く見られるあの独特の柄。クッションフロア(CF)と呼ばれる床に敷く防水シートだ。
主にキッチンや脱衣場など、水廻りの床で使用されることが多い。

クッションフロアは防水、保温、防音に優れており、水廻りの床には必要不可欠な材料。
現代では見た目がフローリングそっくりなクッションフロアが主流だが、レトロ物件でよく見られるのは少し派手な柄のクッションフロア。
これは汚れを目立たせなくする為の柄であるが、その独特の柄がまた昭和レトロを感じさせてならない。

床

今では一部のリフォーム会社や、ネットでの個人売買で柄モノの昭和レトロクッションフロアを扱っている。
価格もそんなに高くはなく、これさえ敷けば昭和45年にタイムスリップ間違いない。
リノベーションの際には検討してみる価値がある。