レトロ物件萌えポイント

レトロ物件萌えポイント

タイル

タイル

レトロ物件で外壁や内装に多く使われるのが「タイル」だ。
タイルにはもともと防水性、撥水性、防火性に優れ、建物を守ってくれる性質がある。
今ではステンレス素材でまかなうキッチンなども、レトロ物件ではタイルを使用していることが多い。

日本のタイル技術は世界的に見ても突出しており、強度、タイルサイズの正確さの技術が高い。
そのためタイルとタイルの間の目地部分(モルタル等)のバランスが均一に保たれ、美しさの面でも優れている。
タイルには時代別に種類があり、現在扱われるタイルには抗菌や防水性がさらに高まっている。

趣味としてタイルを使ったDIYや工芸品など、タイル愛好家は少なくない。

タイル

レトロ物件でのタイル使用率はかなり高い印象を受ける。
しかし外装に古いタイルを使用している場合、ひび割れやタイルの落下の危険性があるため、最終的な修繕がいつ行なわれたのか必ずチェックしよう。
内装に使用されているタイルに関してもひび割れ、落下は同じことが言える。

カラフルで懐かしいタイルに囲まれ、ステキなレトロ生活を。