レトロ物件萌えポイント

昭和40年代の物件特徴

昭和40年代は、住宅産業成立の年代と言えるでしょう。住宅業界が、「産業」として認知されました。

住宅公団が「3LDK型」を採用してリビングルーム流行のきっかけ となり、さらに、造り付け押入れや木製間仕切りなど、内装のパネル化が始まりました。
また、昭和45年頃には家庭用ガス湯沸かし器の普及が始まりました。ユニットバスがホテル、マンションに広く使われ始めました。

昭和40年イメージ

1969(昭和44)年 「マンション」という言葉が登場しました。