レトロ物件萌えポイント

昭和30年代の物件特徴

昭和29年末の「神武景気」以降、日本経済は高度成長期をむかえ、昭和30年代半ばから企業は工場やオフィス用地を、一方、庶民はマイホームを求めるなど、土地需要の急増で土地価格が高騰し、「土地こそ資産」という「土地神話」が広がって行きました。

一万円札の発行、消費ブーム、東海道新幹線の開通、レジャーブーム、そして、東京国際オリンピックが開催されました。
家庭電化製品の大衆的需要の拡大が住宅改変の扉を開きます。

昭和30年代の中層集合住宅
ダイニングキッチンと2寝室を持つ住戸タイプは2DKといいます。戦後の公営住宅から始まった食寝分離型(食べるところと、くつろぐところを分けること)の典型的な間取りでした。
昭和30年代の 低層集合住宅
専用庭をもった長屋建ての低層集合住宅をテラスハウスといいます。テラスハウスは、昭和30年代主に郊外の団地で建設され、庭を介した独特の住まい方やコミュニティを育みました。

1956(昭和31)年、わが国初の個人向けの分譲マンション第一号「日本信販」の「四谷コーポラス」(東京都新宿区)が分譲されました。(写真)
総戸数28戸、5階建ての小規模物件ながら、当時の分譲価格は3LDKで約230万円だったそうです。

昭和30年イメージ

そして、昭和40年代の「マンションブーム」へと繋がります。